グリーンハウスBLOG

オススメ商品や
イベント情報などを
お知らせします

  1. HOME
  2. ブログ
  3. STAFFオススメ商品
  4. 軽快なシューズで登山が楽しい!!サロモンXウルトラシリーズ

軽快なシューズで登山が楽しい!!サロモンXウルトラシリーズ

こんにちは杉本です。
青森県はまだ雪が残っていますが、近くの階上岳では、毎週のように多くの方々がアイゼンをつけて登山を楽しんでいるようです。


店内にも続々と春の新作トレッキングシューズやトレランシューズが入荷中です。

登山に興味はあるけどシューズを買うのに踏み切れない理由を、初心者の友人に聞いてみると
・登山靴が重くて足がガッチリ固定される感覚がニガテ
・かといってトレランシューズは軽快過ぎて歩行時に不安がある
・登山する以外に使わなそう。山行かなくなるとちょっと・・・
うーむ、理由としてごもっとも、としか言いようがないですね。

前置きが長くなりましたが、今回はそんな不安にお応えできそうなサロモンのトレッキングシューズの紹介です。
まずはこちら


X ULTRA 4 MID WIDE GORE-TEX 24,200円 重量:420g
ベストセラーのXウルトラシリーズのミッドカット、ワイド版です。
実は自分も一昨年に購入して、長野県の白馬山へ行った時に使用しました。


往復7時間弱のゴツゴツした岩場の行程も、安定感がバツグンで足元は軽快。グリップも快調でした。


最大の特徴は歩行時のねじれを防ぐ「アドバンスドシャーシ」
足の中央より少しカカト寄りを下からコの字のように支えて、歩行時(特に下り道)の安定性を高めてくれます。


アッパー部分はポリウレタン樹脂の合成レザー。ゴアテックスが採用されていて防水透湿性に優れます。

左:女性用  右:男性用 (女性用が履き口が柔らかめです)

つま先とかかと部分、そして足首の部分にも補強があり、捻挫などを防いで足を常に安定させてくれます。(男性用・女性用で形状が違います。)


アウトソールはちょっと硬めの「コンタグリップMA」でしっかり地面に食いつき、滑ることを軽減してくれます。


インソールはフィット感に定評のあるオーソライトを採用。土踏まずからカカト部分にかけて補強されています。
アッパー部分がしなやかなで軽いのがラクに感じます。
岩場の多い稜線歩きや、木の根が張りめぐるガレ場歩きなどで細かな足さばきが可能。


女子スタッフの履いた感想は、足首がしっかりホールドされる。少し硬めでブレの無い感じ。
ワイド版なので、0.5cmサイズを下げてもいいかもしれない、との事でした。
ロングトレイルやテクニカルな登山コースに対応した高性能なシューズです。

 

 

もう一つがコチラ
X ULTRA 360 MID GORE-TEX 20,900円 重量:393g

左:女性用 右:男性用

こちらもXウルトラシリーズをベースに作られたオールマイティー向きのミッドカットシューズ。
Xウルトラ4に比べて30gほど軽く、全体的にアッパー部分が1.5倍ほど肉厚な履き心地です。


アッパー部分まで張り出してはいませんが、同じく「アドバンスドシャーシ」採用で歩行時の足のねじれを防ぎ、ケガのリスクを抑えてくれます。
アッパー部分は合成素材でこちらもゴアテックスを採用。防水透湿性に優れます。

左:Xウルトラ360 MID 右:Xウルトラ4 MID

アウトソールはXウルトラ4より柔らかめで横幅が大きい「コンタグリップMA」を採用。
平地や下り坂でも滑りにくく、安定した足運びができる構造です。
インソールも同様にオーソライトを採用。


上記女子スタッフの感想。フィット感でいえばこちらの方がしっくりくる感じ。そして軽快で足運びが良い。
サロモンシューズ初めての方も違和感なく履けて、入門者にも安心しておススメできるシューズです。

 

 

軽快なイメージが強いサロモンのシューズですが、ハイキングから本格的なトレッキングまでオールマイティ。
もちろん雨の日の普段使いや、キャンプやフェスなどにも充分応用ができます。
ミッドカットのXウルトラ シリーズはブレの無い歩行が可能で、グリップ力抜群!その上防水透湿性に優れて歩きやすい。足元の不安を解消してくれます。

本格的な登山靴までまだ早い、と感じる方(上記の友人含め)にぜひ履いてほしい一足です。
ぜひグリーンハウスで履き心地をお確かめください。

最新記事

過去のブログ