グリーンハウスBLOG

オススメ商品や
イベント情報などを
お知らせします

  1. HOME
  2. ブログ
  3. グリーンハウス八戸店
  4. ULザック「gossamer gear」 入荷です

ULザック「gossamer gear」 入荷です

こんにちは。最近カメラにはまっております。南山です。

完全に独学なので誰かカメラ教えてください。

今回はザックの紹介です。南山一押しのザックですよ!

GOSSAMER GERA(ゴッサマーギア) KUMO36 ¥26,400

知っている方は知っている思います。ゴッサマーギアが入荷しました!おそらく青森県に初上陸したのではないかなと思います。

まずはブランドの紹介を。Gossamer Gear(ゴッサマーギア)は、1998年にカリフォルニアで生まれたブランドです。 ブランド名のGossamerは蜘蛛の糸や透き通るような薄い羽を意味し、軽量で機能的なザックを展開しているULザックのパイオニアブランドです。

今回紹介するのは日本のハイキングを意識して作られたモデル、KUMO(雲)36の紹介です。実際にフィールドで使用してみたので個人的な見解ですが、参考までにしてもらえたらと思います。

まずはスペックから。容量は36L。重量は約550g。素材は70デニールリップストップナイロンで、底面のみ100デニールの使用した軽量性と耐久性を兼ね備えたモデルです。フレームは搭載しておらず、代わりに後述する背面パットをフレームとして代用することでザックの強度を出しています。ULザックの特徴として、ボトルホルダーやフロントポケットが一般的なハイキングザックよりも大きいことが挙げられます。パッキング時にここにドリンクはもちろんレインウェアやテントポール、ツェルトやコンパクトなものであれば山岳テントなんかもここに突っ込むことができちゃいます。

KUMOのフロントポケットは斜めの形状になっており、ザックを下すことなく、片腕掛けの状態から物の出し入れをすることが可能です。肩甲骨が柔らかい方はそのままザックを背負ったまま右側からアクセスすることも可能です。

少し小綺麗にしましたがこんなカンジで結構深いポケットになっています。なんでも突っ込めます。

ドリンクホルダーも大きく、500mlのペットボトルが余裕で2本縦に入る大きさです。もちろんナルゲンの1Lも全然入ります。

ゴッサマーギアのザックの最大の特徴はやはりこの取り外しが可能な背面パッドです。

このように背面長に合わせた40cmほどのパッドを取り外すことができ、これによってザックのフレームの代用、座布団や睡眠時のスリーピングパッドの補助として代用することができるのです!こういった斬新な機能で無駄をそぎ落としていく考えがULのいいところですよね。デフォルトでもともとこちらのパッドが内蔵されていますが、他社のマット、例えばエバニューのマットや山と道などのロールマットを同じ長さにカットして余った方をドリンクホルダーに入れそちらを座布団として使用する…なんてこともできます。型に囚われない自由な発想で道具を選択できるのもULの魅力だと思っています。

南山はプラスαでカスケードワイルドの軽量テーブルをマットの下に忍ばせさらに補強しました。素材がプラスチック段ボールのような構造で、真ん中から折って収納するタイプの為、ちょうど背中の横方向に対してのの曲線にフィットして違和感なく背負えました。メインの収納に入れなくて済むので容量も稼ぐこともできますね。

見づらいですがこちらのテーブル。重量なんと63gでお値段¥1870。在庫あります。オススメです。

また、ショルダーハーネスも太めに設計されているのもULザックの特徴で、荷重を分散させるために太めになっています。ウエストベルトは着脱が可能で、高さを2段階に調節できる仕組みです。これによって若干ですが背面長を変更することができます。                                          が、そもそもにザックも軽くそれに詰めるギアも軽量なため、ウエストベルトに頼らずともさほど重さを感じないで背負うことができるというのが個人的な考えです。また、ベルトを使って腰に荷重を乗せるのではなく、ポジションを少し上げてあげて背中全体、主に肩甲骨や胸骨周りに荷重を集めるイメージで調整するのが本来のULザックの背負い方です。もともと私自身がトレランをやっていて、トレランザックに多いベスト型のザックに慣れていることもあるかもしれませんが、例によってこのザックに関してもウエストベルトを使わず背中で背負っています。個人差によって色々意見が分かれる部分ではありますが個人的にはこちらの背負い方がおすすめです。

ショルダーハーネスにはポケットがついておりここにフラスクやコンパス、折って入れれば地図なんかも入ります。ドリンク類は500mlペットボトルがギリギリ入るくらいの大きさです。ココ地味に使えます。

また、ゴッサマーギアのザックも他社同様背面長のサイズがあるのでお気をつけください。今回のkumoはS,Mサイズの2種類あります。基本的には男性用(165cm~)がMサイズですが、私は少し長い気がしたのでSサイズをチョイスしました。ご購入の際はフィッティングを推奨します。

ザックリですがある程度はわかっていただけでしょうか。ゴッサマーギアは現在八戸店のみで展開していて、今回ご紹介したkumoの他にももうひと周り大きい42Lの「G4-20」、そしてゴッサマーギアの定番商品、50Lの「Gorilla 50」をラインナップしております。気になった方はぜひ八戸店まで。お店に入って右側、登山靴コーナーの隣にULコーナーを展開していますのでこういう類のものがお好きな方はジャンジャン手に取ってみてください!

YouTube動画も作成しました。こちら

今シーズンは装備も心も軽く自由に!違ったスタイルで山に行きましょう!

最新記事

過去のブログ